地域包括ケアシステムの情報改革

「地域づくりによる介護予防推進活動をゼロから導入・普及を行う実践セミナー」

  • HOME »
  • »
  • 「地域づくりによる介護予防推進活動をゼロから導入・普及を行う実践セミナー」

 「地域づくりによる介護予防推進活動をゼロから導入・普及を行う実践セミナー」では、地域住民主体の介護予防活動を地域に普及させる実践的なセミナーです。

※地域づくりによる介護予防推進活動とは、厚生労働省の「地域づくりによる介護予防推進支援事業」で推進している、高齢者が容易に通える範囲に、介護予防を行う体操などを行う通いの場を週1回以上住民主体で展開していきます。

 

行政、地域包括支援センター、医療・介護サービス事業所や、専門職団体、地域住民の方にもご参加頂いています。

講演時間は1時間30分から6時間程度、ご希望に沿ったお時間で調整が可能です。

また、数日間にわたる「講義+実習」形式の、地域づくりによる介護予防推進活動実践シリーズ形式の講座も数多くご用命いただいています。

 

 地域住民が主体的に介護予防活動を取り組むために、まず必要なのは「動機」です。

動機を持っていただくために、効果的なプレゼンテーションを行いう事で、これから先の社会保証制度などの現状と、自助・互助の必要性を身近に感じ取って頂き「自分たちも何かはじめないといけない!では、どうすればいいの?」という段階まで引き上げます。

 

そこで、「先進的な取り組みを行っている地域が行っている◯◯◯◯という取り組みを今から行えば、地域づくりから住民同士の支え合いに発展すると思いませんか?」という提案を行います。

 

地域住民「よし、やってみよう!」

 

その声を主体的に出してもらい、希望を持って取り組みを行って頂く為のセミナーとなっています。

生活支援コーディネーターや協議体といった、実際の支え手の方にも、自助・共助を身近に感じて頂く事にも共通するノウハウとなっています。

 

✔地域の住民活動(サロンや自主活動)を把握していない

✔地域住民が主体的に活動すると考えられない

✔自助や共助に関心を持って頂くプレゼンテーションが知りたい

✔地域づくりには、まず何をすればよいのかヒントがほしい

✔月1回のサロン活動から週1回の取り組みに発展できずに悩んでいる

など様々なご要望を踏まえて、わかりやすく「地域づくりによる介護予防推進活動をゼロから導入・普及を行う実践セミナー」を実施しています。

 

地域住民から専門職団体の方まで、対象者のニーズを踏まえたセミナー内容をご提案します。

企画立案段階からでもどうぞご遠慮なくお気軽にご相談ください。

 

「地域づくりによる介護予防推進活動をゼロから導入・普及を行う実践セミナー」の例

・地域の住民主体の取り組みを「見える化」しましょう。

・これから変わる制度と、変わらなきゃならない住民の意識とは?

・新たにご当地体操を作る必要はありません。その訳は・・・。

・住民主体の立ち上げを成功させる事前の会議の内容。

・驚くほど相談が増えた次に行うこと。

・地域住民、行政・包括、医療・介護サービス事業所がトリプルWINを得る方法。

・B型に発展していく展開予測。

 

セミナー・講演主催者様へ

日本全国で講演を行っています。テーマや時間、準備内容や講師謝金等については、柔軟に対応しております。

企画検討の段階からも、お気軽にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 080-8713-8357 受付時間 8:30 - 17:15 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP