地域包括ケアシステムの情報改革

「個別から日常生活圏域へ地域ケア会議を発展させるセミナー」


 「個別から日常生活圏域へ地域ケア会議を発展させるセミナー」では、個別地域ケア会議から日常生活圏域へ発展させる具体的な方法を余す所なくお話します。

行政、地域包括支援センター、専門職団体の方にもご参加頂いています。

※個別の地域ケア会議を開催している方が対象です。

個別地域ケア会議開催手法を学びたい場合は、「個別地域ケア会議サクセスセミナー」をご確認下さい。

 

講演時間は1時間30分から6時間程度、ご希望に沿ったお時間で調整が可能です。また、数日間にわたる「講義+実習」形式の日常生活圏域地域ケア会議マスターシリーズ形式の講座も数多くご用命いただいています。

 

 個別地域ケア会議で得られた結果を、日常生活圏域に効果的に拡散し共有する方法を、ポイントを押さえて説明いたします。事例の上げ方や、会議の運営方法、参加者へのプレゼンテーションなど、事例を挙げてしっかりとお話しますので、今まで日常生活圏域で地域ケア会議を行ったことが無い事業所には最適です。

 

参加者へ効果的な情報共有を図る方法の1つに、プレゼンテーションがあります。参加者の興味を引き、その取組を行う必要性を感じてもらい、主体的に動いて頂く事を目的に行うプレゼンテーションですので、地域ケア会議のみならず、研修の資料作りにも転用できるノウハウになっています。

 

✔日常生活圏域の地域ケア会議のイメージが湧かない

✔個別地域ケア会議で成功事例を持っているが、もっと生かしたい

✔地域づくりを先駆的に行っている所の取り組みを、効率的に広げたい

✔会議の構成や参加者がわからない。

✔一度、日常生活圏域で地域ケア会議を行って失敗した。

など様々なご要望を踏まえて、わかりやすく「個別から日常生活圏域へ地域ケア会議を発展させるセミナー」の講座を実施しています。

 

参加対象者のニーズを踏まえたセミナー内容をご提案します。

企画立案段階からでもどうぞご遠慮なくお気軽にご相談ください。

 

「個別から日常生活圏域へ地域ケア会議を発展させるセミナー」の例

・事例を選ぶ基準をズバリお伝えします。

・実は簡単、資料を個別の数分の一の労力で作る方法。

・参加者を混乱させない、事例シートはこれだ!

・日常生活圏域を、二段階プロセスで攻略する意味。

・効果的で参加者が主体的に動く「動機」を持ってもらうプレゼンテーション

・日常生活圏域でも、会議が終了してからが本番です。

・より良い日常生活圏域の地域ケア会議に発展するには・・・。

 

セミナー・講演主催者様へ

 日本全国で講演を行っています。テーマや時間、準備内容や講師謝金等については、柔軟に対応しております。

企画検討の段階からも、お気軽にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 080-8713-8357 受付時間 8:30 - 17:15 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP